注文住宅の強度

注文住宅の強度

注文住宅の強度 希望の間取りやデザインで理想の家づくりがしたくて注文住宅を建てようとした時、気になるのは強度が充分なのかということになります。
特に最近は大きな地震があちこちで起きていて、今後もさらに大きなものがいつ起きてもおかしくない時期になっていると言われているのです。折角の注文住宅を建てても強度が保たれていなくて家屋が倒壊したり半壊などとなるのは避けたいと思うのですが、住宅の立地場所の地盤の硬さや基礎部分が必要となります。宅地の地盤が完璧な地盤であれば良いのですが軟弱な地盤がよく見られます。宅地の地質を変えることはできませんが、注文住宅を建てる場合には耐震・免震に対しての取り組みや基礎部分の強化を施すことができるのです。注文住宅の家屋は木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造の3つに分類され、住宅の重量は重い順で鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造になります。同じ程度の規模であれば揺れが大きいのは重量のある鉄筋コンクリート造で、最も揺れないのは軽い木造なのです。

地震対策も意識

地震対策も意識 注文住宅を建てる際には地震対策も十分に意識することが必要です。近年日本では非常に地震が増えており、しかも従来に比べて非常に規模の大きいものが増えている傾向があります。そのため東日本大震災以降多くの住宅メーカーがこれに対する対策を十分に行うことを意識し始めており、分譲住宅はその耐震性能が重要なセールスポイントになっていると言っても過言ではありません。
しかし注文住宅の場合には基本的にはその構造は施主と設計技師の能力に任されている面があることから、耐震構造と実際の希望の間取りが相反する要素を持ってしまっていることも多く、その構成が非常に難しくなってしまうことも多いのです。住宅のスペースをより多く確保しようとすると耐震構造の面に影響を及ぼすこともあるため、設計士と施主とのあいだでトラブルになってしまうことも少なくありません。現代の日本では耐震構造を持つ事は非常に重要なこととなっているため、注文住宅でも必要な耐震対策を行うことが非常に重要な要素となっているのです。